三原・尾道で土木建設・リフォーム・増築・改築するなら金光組におまかせ。バリアフリー・ユニバーサルデザイン

>
>
エコアクション21

エコアクション21

当社は積極的に環境への取組みを行っていきます。

 

概要 〜エコアクションとは〜

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。

 

エコアクション21認証取得にあたって

我社は建設業という業種柄、自然環境と常に接し事業を営んできました。
京都議定書が調印されCO2削減が国単位で減らす取組みを掲げても、自社にはどこか無縁の感覚でしかありませんでした。 ある時経営の勉強会で小さな会社がペットボトルのキャップを集めて海外の恵まれない子供たちにワクチンを送る活動に取組んでいる事を知りました。
本当にペットボトルの蓋という小さな蓋で命を救える事が出来るんだ、何事も小さな事からの積み重ねなんだということを目の当りにしたことがCO2削減問題が身近に感じられた瞬間でした。 早速、我社もエコキャップ活動に取組みました。最初は会社にとっては何の利益のない活動でしたが、社員の意識が少しずつ変わっていく姿を見ていくうちに、自分の子供たちに私たちがしなくてはいけないことは目先の仕事ではなく、未来の環境づくりだと感じました。
その事が建設業という地域基盤整備(将来の為の仕事)のお手伝いをさせて頂いている我社の仕事と、CO2削減問題が繋がったのです。
この時から以前から頭の隅にあったエコアクション21へ会社として社員と一緒に取組もうと思い、今回の取得になりました。 今回の取組みで新たな発見や気付きがある事を楽しみにしています。
 

エコアクション21認証・登録証

エコアクション21認証・登録

 

環境方針

株式会社金光組は創業以来93年間土木・建築工事を主体により便利に、より快適に生活できる為の環境づくりのお手伝いをさせて頂いてまいりました。
しかし、ここ近年、地球環境化問題・エネルギー問題が注目されるようになり、建設業も、スクラップ&ビルドの時代から、リサイクル・修繕の時代へと変化しようとしています。
当社も、この間まで、作業場が片付かない、使えるものも何処にあるかわからない、新しいものを買う、使えるものまでゴミとして捨ててしまう、工期優先・利益優先での工事の進め方が非常に多くの廃棄物を出すような体質の会社でした。
このままでは時代に取り残される、地域に必要とされない会社になるのではとの危機感から、思い切って、新しく資材倉庫を購入すると同時に、障がい者の自立支援の観点からハンデキャップある方を採用し、今まで廃棄していたものを再生し再利用することに取り組んでおります。
日本社会が高齢化し、熟成時期に突入したこの時代に我々に求められていることはどんな事で、我々が建設業者として地球のため、地域のために何が出来るかを考えなければいけない時代が今であると感じています。
永続する建設業をめざす為にも社員一丸となって未来の子供たちのために誇れる地域づくりのお手伝いを今後も進めてまいりたいと思います。

 

当社は
  1. 全社共通
    ①省エネルギーに取り組み二酸化炭素排出量の削減に努めます。
    ②廃棄物の分別の徹底をします。
    ③水使用量の削減に努めます。
    ④廃棄物の3Rを推進します。
    ⑤グリーン商品の積極的な購入をします。
    建設現場
    ①アイドリングストップなどによる化石燃料使用量の削減に努めます。
    ②リサイクル・修理等による再生使用を積極的に行います。
    ③作業に従事する者同士のコミュニケーションを重視し、安全に配慮します。
    ④協力会社に対しても啓発活動を行なっていきます。
    ⑤近隣住民などとのコミュニケーションを重視します。
  2. 関係法令及び当社がお約束したことを遵守します。
  3. 環境への取組みを環境活動レポートとして取りまとめ公表します。
 以上のお約束を行うことで、地域環境に優しいビジネスモデルを構築しています。
現在取組み中であるエコキャップ収集活動・地元周辺道路の美化活動に合わせて、今回の環境方針に取り入れて行きたいと考えています。

 

制定日 平成22年6月25日
株式会社 金光組
代表取締役 金光 昇
 

 

取り組みの様子


工事看板の再利用

ゴミの分別

整理整頓

障害者雇用で土のう製作

ボランティアで道路清掃

コンクリートホッパー清掃

残鉄筋の仕訳・再利用

倉庫 粉じん対策・美化

工具の定位置・定保管

 

 2015年 活動レポートはこちらになります。

 

アクロバットリーダーダウンロード※PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はAdobeから無料で配布されていますので、
ここからインストーラをダウンロードしてください。